引きも切らず現れるあくどい方法を駆使した不用品回収業者…。

引っ越しなどで不用品の回収を実施している業者は星の数ほど存在するので、全業者を掲げて比べるのは無理だと言わざるを得ません。そのため、「ここなら心配ない」との評価に値する業者を選べればと思います。

ベッドなど引取価格の水準は、買取専門店によって信じられないくらい異なりますが、ちょっとした家具などは外観の違いによっても、査定の結果は相当変わると思っていてください。

家具などの回収や買取を行う店では自分のところでリペアしたり、修理工場と協力関係を持っていたりするところが多いので、表面のちっちゃな傷くらいでは、ガクンと買取額が低下することはないと言われています。

また、時計の買取を標榜しているサイトは買取相場を載せているものですが、それにつきましてはいわばその店が買い取った実績になりますので、時々耳にすることのある買取相場とは差異があると思っておいた方がよいでしょう。

引きも切らず現れるあくどい方法を駆使した不用品回収業者。家具類の買取に関しても、初見の業者には危険性を認識しておくべきです。突然自宅に来訪されて、安値で買取されてしまったといった話はよく耳にします。使わないまましまってあるものや必要なくなったものは、複数の不用品の回収業者に見てもらうべきだと思います。

見積もりを比較することで、想像以上に高価買取になることもままあります。

引っ越しと同時に不用品の買取を行なっている便利な引越し業者も存在していますが、何でもかんでも買い付けてくれるというようなことはなく、製造年月日が古いものは対象外となっているところが大半です。箱を処分してしまったフィギュアの買取をお願いするなら、箱が揃ってなくてもより高額で買取してくれるお店に足を運ぶなど、売りたい品によってお店をピックアップしたいものです。近年注目されている出張買取とは、呼び名の通り買取専門の店舗スタッフが不必要な品などを買い取ることを目的に、申し込み者の家まで出張してくれるサービスを指します。時間もお金もかからないため、非常に実用性の高いサービスとなっています。引っ越し前日までに部屋にある不用品の買取を頼めば、運ぶ荷物を少なくすると共にキャッシュを手にすることができますから、「うれしさ2倍」という感じです。「貴金属の買取の平均価格」や「話題の買取店」など、買って貰うのに先立って承知しておくと有益な初級的な知識とか役立つ情報を掲載しています。ブランド品の買取価格は、ブランドの知名度は当たり前ですが、査定タイミングによっても大幅に異なってくるものなので、単純な買取店の評判だけを頼りに買取店を選ぶと、残念なことになるかもしれません。高価格で時計の買取をお願いしたいのであれば、言うまでもなくいろいろな買取業者に査定を依頼して、買取価格を争わせるようにすることが必須です。そうすることで査定価格もぐっとアップするはずです。商品の発送をともなう宅配買取をしてもらうに際して、「配送中のトラブルがあった時のことを考えると心配だ」ということもあるでしょうが、運送約款の定義に則った賠償が実行されるので、抵抗感なく申請することが可能なのです。

悪質な不用品回収業者にだまされないためのポイント

不用品回収業者には、悪質な業者がいます。
そこで、悪質な回収業者に騙されないためのポイントを知っておくことが大切です。

不用品回収業者に依頼するケースとしては、遺品整理、生前整理、引っ越し、断捨離など一度にたくさんの不用品が出るケースです。

不用品は、行政でごみ出しのルールが決まっており、それに則って回収してもらうことができます。

しかし、自治体のルールは、意外と細かく、手間もかかります。それなりにお金もかかります。

たとえば、不用品の回収を自治体に依頼する場合、ごみ袋で出せる不用品は、決められた曜日に指定のごみ袋に入れて、収集場所に出すのが一般的です。

ただし、ごみ袋が有料の地域もあります。

1パック100円から1000円程度します。

また、ゴミ袋に入らない粗大ごみの回収は、コンビニなど指定の店舗などで粗大ごみ回収シール等を購入し、回収してもらう不用品にシールを貼り、指定時間までに指定された場所に出しておくことになります。

マンションなどの場合は、1階まで運ばなくちゃいけません。

また、冷蔵庫、洗濯機などは家電リサイクル法が適用されます。

さらには、回収不可のものもあります。

他にも自分でゴミ処分場に持ち込んで処分するという方法もあります。

ただ、これらのことを自力でするとなると一人暮らしの方や女性や高齢者だけの世帯では、なかなか難しい部分もあります。

そこで、民間の不用品回収業者に依頼すれば、もっと格安でできるケースも多いのです。

ただし、回収業者の中には、悪徳な業者も存在します。

そこで、悪徳不用品回収業者を見極めるポイントですが、まず、許可証を持っているかどうかを確認します。

不用品回収には、許可が必要です。一般家庭ごみの場合、、「一般廃棄物処理業許可」が必要です。

また、リサイクルショップへの転売にも、許可が必要で、古物商の許可証が必要です。

まずは、この2点を確認します。

次に、あとから追加料金の請求や法外な請求をする場合が多いです。
金額に不審な点があれば、まずは理由を確認し、納得できない場合は、支払い前にキャンセルしましょう。

依頼さえしなければ、大丈夫です。

また、業者の情報がないというのもポイントになります。
安易に、ポストにあったチラシとかを利用しないことです。

かならず、ネットで検索し、ホームページを確認しましょう。悪徳業者には、ホームページがない事も多いですから。

次に、無料回収または空き地で大量回収している場合です。この場合、集めた不用品を無許可で転売したりし、利益を得ています。

連絡先が携帯電話番号しかない場合も要注意です。

優良業者は、本社があり、所在地の明確な固定電話番号があります。

しかし、悪徳業者は、固定電話番号を公開していないケースがほとんどです。

見積もり金額が妥当かどうかを判断しましょう。

優良業者の場合、ネットでホおおよその見積り金を公開していますので、事前に確認できます。

なので、見積もりが定まらない業者は要注意です。

あと、宣伝カーで大音量を流している業者は、対応が雑だったりします。そもそも迷惑行為を平気でするような業者ですからね。

このように悪徳業者にひっかからないように気をつけましょう。

不用品回収業者を選ぶ際の注意点

引っ越しなどででる不用品を処分するうえで、不用品回収を依頼する場合がありますよね。

ただ、ここで気をつけたいのが、違法な不用品回収業者にだまされないことです。

まず、違法な不用品回収業者にたのんでしまうと、どんなことが発生するのか、そのリスクについて調べてみました。

違法営業で不用品の回収をしていることが明らかになれば、もちろん罰せられます。営業停止や罰金が課せられるなどです。けど実は違法不用品回収業者に依頼した側おなんらかのリスクを被ることになるのです。

その点を理解しておくといいですよ。

大きくは3つあります。まず、不法投棄によって環境を破壊することの助長してしまいますよね。よくある山の中や道路の脇などに不法投棄しているといったニュースを見かけます。正規にリサイクルすれば、ほとんどが資源としてリサイクルできるものが多いので、家電リサイクル法が定められています。たとえば、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機衣類乾燥機などの家電です。

けど、違法投棄により、環境破壊、自然破壊になりますが、依頼側も環境破壊の片棒をかつぐことになるわけです。

また、依頼側も罰せられる場合があります。

廃棄物処理法によると、委託した人も5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはその両方を課せられる場合があります(第25条第6号)。とあります。

廃棄物=ゴミとわかっていたのに、違法回収業者に依頼すると、依頼者も罰則対象になることがあるわけです。

最後にいちばん多いのが不当な料金を請求されるケースです。違法回収業者には、事前の確認がないまま不明確な料金を請求してくることがあります。たとえば、回収は無料だけど、処理は別料金になるとか想定より不用品数が多かったから、といって法外な料金を請求してくるような場合です。

 

このように依頼側にもリスクがあることを理解しておきましょう。